FC2ブログ
2019-09-03 17:19 | カテゴリ:新規事業のヒント
PDF ファイル(2)
足場の面積計算
足場の重量計算
必要ありませんか?
2019-08-19 09:58 | カテゴリ:新規事業のヒント
ユニバーサルスタジオジャパンに行って考えたことがあります。
待たずに乗りたいと望む方には、お金を支払うことで、可能となります。
「エクスプレスパス」と言います。
この仕組みは、私たちも考えた方が良いなと思ったのです。
それでは、今日一日無理をせずにがんばっていきましょう!
2015-07-14 08:35 | カテゴリ:新規事業のヒント
おはようございます。

「投資はまごころ」に影響を受けているこの頃です。

もっとも「きれいごと」が通用しない金融・投資の世界で「きれいごと」が通用するのなら、
ビジネスの世界ならもっともっと通用するはずだと思ったのです。

世の中には、新しいことにリスクをとって、応援してくれる変わった人が結構いるんだと思ったのです。

それでは、今日も一日無理をせずに精一杯頑張っていきましょう!

投資はきれいごとで成功する
2015-07-13 07:09 | カテゴリ:新規事業のヒント
おはようございます

昨日は「いい会社をふやしましょう」を理念とする鎌倉投信の講演会に行ってきました。

金融のいままでの常識は「雨が振りはじめたら傘を回収する」です。
これからの金融は「応援する」という「きれいごと」に変換していくでしょう。

その「きれいごと」で成功してしまった会社があったのです。
2014-04-29 10:23 | カテゴリ:新規事業のヒント
おはようございます
私の目標の中で、いつか本を出版してみたいと思っています。

日経MJから

ベストセラーの3条件
1 多くの人が関係するテーマ
2 ベネフィットの大きさ
3 本の内容が自分でも実行できる

作りてサイドが作りたいものを作るのでなく、消費者に求められるものを作ることを意識しなくてはいけない。

そんなことが書かれていました。
「なるほど」と思ったと同時にアップルのジョブズは作りたいものにこだわった人だと思います。

そんなまとまらないことを考えていました。

今日はGWで会社は休みですが、出社します。

それでは、今日も一日無理をせずに頑張っていきましょう
2012-05-29 08:47 | カテゴリ:新規事業のヒント
ジャンル:ビジネス テーマ:社長のブログ
おはようございます

昨日の局地的な雨は凄かったですね。

場所によっては雹も降ったそうです。
「風が吹けば、桶屋が儲かる」って言葉ありますけど、
雹(ひょう)が降れば、どこが儲かるのでしょう?

車の板金屋?
あと、どこ、なに?

そんなことを考えながら、今日も一日始まります。
それではがんばっていきましょう!

今日も不安定な天気だということです。
外出には注意を。
2012-01-08 12:21 | カテゴリ:新規事業のヒント
ジャンル:ビジネス テーマ:企業経営
 ある会社の新年会に行ってきました。

そこの社長のお話の中で、
「変化を恐れず、脱皮しよう」と仰っていました。

20年以上経営するには、何度か大きな変化をしていかないといけないみたいです。
私たちの会社もまさにその変化の時期なのかもしれません。

その変化を、先導していくことが、トップの役目なんだと改めて感じました。

それでは、今日も一日無理をせずに、がんばっていきましょう❕



2011-05-24 07:47 | カテゴリ:新規事業のヒント
ジャンル:ビジネス テーマ:社長のブログ
 おはようございます。

今朝の日経新聞を切り取っておきます。
ちょっと、難しそうですけど、狙いとしてはおもしろいかもしれないですね。

(下記、日経新聞5/24)------------------------------------------------

建築コンサルのナック、工務店向けにフラット35の代行業務 年度内に2000件目標

 建築コンサルティングのナックは地場の工務店向けに、長期固定金利の住宅ローン「フラット35」の手続き業務を代行するサービスを始めた。フラット35は低金利に加え政府の金利優遇策もありマイホーム購入者の人気が高い。半面、手続きが複雑で「工務店に建築を頼む人の利用は非常に少ない」(同社)のが実情という。ナックがローンの手続きの事務作業を代行し工務店の営業を支援する。

 ナックは約5500社の工務店と会員契約を結んでいる。土日祝日も含め、同社の担当者が会員の工務店に出向くようにする体制も整えた。2011年度に2000件のフラット35を使った住宅の受注を目指す。

 フラット35は住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して扱う住宅ローン。耐震性や省エネにすぐれた住宅を取得する場合に当初10年間の金利を1%引き下げる優遇策を実施している。中小工務店の場合、融資に関する事務作業に割く人員が少なく、すべての顧客の要望に応えるのが難しかった。加えて、住宅購入者への融資開始は住宅が完成・引き渡しの後で、工務店にとっては工事期間中に運転資金が不足する懸念があった。ナックは事務作業の代行だけでなく、提携金融機関による「つなぎ融資」も実施し、工務店を介したフラット35の利用を後押しする。

----------------------------------------------------------------------

35年間、金利が固定というのは利用者にとっては良いですね。
その複雑な手続きを代行するサービスというのは良いかもしれません。