FC2ブログ
2013-05-30 08:10 | カテゴリ:たいやきくん
ジャンル:ビジネス テーマ:社長のブログ
おはようございます。

もし、「たい焼き屋」を任されたら、自分ならどのような経営をするだろうか?
こんな疑問をもちながら過ごしています。

たまたま、昨日、テレビを見ていたら、マダム・シンコが出演している番組がありました。
マダム・シンコのバームクーヘンってすごく人気があるそうです。

バームクーヘンとは言っても、全くバームクーヘンとは違っています。
年輪がなくて、しっとりとしています。

そして、開発するまでのストーリ-をセットににして売っているように感じました。
ここに、ヒントがありそな気がしました。

創業者の開発ストーリ-を語る!

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!
2013-05-29 08:00 | カテゴリ:たいやきくん
今日も、たいやき屋の経営を任されたとしたらと、どうでもいいこと考えています。

ちょっと聞いたことあるんですけど、大阪ではたこ焼きの鉄板が一家に一台あるそうなんです。

そこで、たいやきの鉄板をネットで販売するのです。

子供の日(5/5)には息子に大きなたい焼きを焼いてあげるのです。
息子は親に小さなたい焼きを焼くのです。

子供は親を越えるように、親は子供の心を取戻すように。
何世代に渡って繰り返すのです。

ある地方では、平安時代からの鉄板があります(なんちゃって)

そして、楽しい時間を共有するための鉄板セットを販売するのです。

それでは今日も一日無理をせずに頑張っていきましょう!
2013-05-28 08:00 | カテゴリ:たいやきくん
たい焼き屋を任されたとしたら、どうしようかと考えています。

ただ、ただ普通につくって売っていてはきっと儲からないです。

たいやきの鉄板じゃなくて、アンパンマンやワンピースなど他の鉄板に切り替えるはどうかな。

売る場所もイベント会場などに移動できるほうがいいな。

中身も餡だけじゃなくて、チョコレートなどに選べるほうがいいな。

それでは今日も一日無理をせずに頑張っていきましょう!
2013-05-27 14:08 | カテゴリ:たいやきくん
今月は「たいやきくん」のことだけを書いてみるという壮大な自分だけの目標に向かっています。

本当にどうでもことですね(笑)

どうでもいいことに真剣になっていると、なんか楽しそうと思ってくれる人が現れます。

リーダーにとって一番大事なことかもしれません。

どうでもいいことに真剣になる

それでは今日も一日無理をせずに頑張っていきましょう!
2013-05-26 08:00 | カテゴリ:たいやきくん
おはようございます。

もし、「たい焼き屋」として店の経営をすることになったら・・・・

本当に「店のおじさん」として生きていくとしたら、どんな経営をしていこうか

普通の売り方では、成長することが難しい感じですよね。

たい焼き:1個 、もしくは、1枚。
(単位がわからない)

3千円にします。
「宅配たい焼き」です。

おめでたい時に「鯛の尾頭付き」がありますが、同じようにデザートとして盛り付けるのです。

パーティーには
デザートたいやきくん
をみんなで食べましょう


どうですか?
おもしろいアイデアじゃないですか?

それでは今日も一日無理をせずに頑張っていきましょう!
2013-05-25 11:55 | カテゴリ:たいやきくん
おはようございます。

「たいやきくん」の子孫が今でも難破船で生きていたら、おもしろいなと考えていました。

あるダイバーがたいやきくんJr.と遭遇するのです。
もちろん、会話できます。
そこで、ダイバーと共に地上での生活が始まるのです。

こんな設定のストーリーどうでしょうか?

40年前に父「元祖たいやきくん」が飛び出した店に行ってみるのです。
店のおじさんは、もう80才くらいです。

この先のストーリーは、みなさんで展開してください^_^

それでは今日も一日無理をせずに頑張っていきましょう!
2013-05-24 08:00 | カテゴリ:たいやきくん
ジャンル:ビジネス テーマ:社長のブログ
「たいやきくん」はケンカして海に逃げ出し、難破船にたどりつきます。

そこで、本当の自分を見つめ直します。

釣り上げられて、

「やっぱり、ぼくはたいやきさ」につながります。

時には深く潜ってみることが必要ですね。

潜って潜って心の難破船にふれてみる!

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!
2013-05-23 08:00 | カテゴリ:たいやきくん
「およげたいやきくん」ネタを引っ張りすぎですね。

でもこうなったら、せっかくなので、もう少し続けさせてください。

何も狙わないところにこそ、何かがありそうなんです。

「およげたいやきくん」を歌ったシモンマサトさんの報酬は吹込み料だけだったようです。

それでも、多くの人の脳裡にこの歌は焼き付いています。ちょうど幼稚園児だった私にも知らず知らずにすり込まれてきたはずです。

もがいても、もがいてもどうにもならないけど、リスクをとって行動したことに決して後悔はしたくないと・・・

たとえ苦しくても、泳げるだけ泳いでいようと。

それでは今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!