FC2ブログ
2016-07-04 18:19 | カテゴリ:武将から学ぶ
今週もNHK大河ドラマ「真田丸」見ました。

真田げんじろう(幸村)が秀吉に振り回されていますが、
秀吉自身も毎週ドラマでは運命に振り回されています。

そこで秀吉の「中国大返し」を調べてみると、秀吉46歳の時です。
今の自分と同じ年です。

姫路城では金銀財宝、食料すべてを部下に与えたという話ですが、
ここぞという時に、今の自分にできるか、どうか?

そんなことを考えてしまいました。

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!

2014-08-07 06:23 | カテゴリ:武将から学ぶ
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の中で、ドラマから消えたと思っていた荒木村重が、道糞と名のり茶人として官衛兵の前に現れます。

官兵衛は荒木村重に1年間もの間、監禁され左足を失ってしまった過去があります。

その道糞からお茶を出されましたが、飲まずに茶室を飛び出す場面がありました。

官兵衛と道糞との関係が今後どのように展開されるか気になります。
2014-06-09 08:34 | カテゴリ:武将から学ぶ
NHKの大河ドラマ、軍師官兵衛を見ていますが、良いですね。

生き方がかっこいいです。

ドラマなのでかなり着色されていると思われますが、終始、裏切らない男です。

囚われの身になってしまいましたが、それでもです。
こんな人が日本の歴史上にいて、記録に残っているってすごいです。

こんな人をもっともっと小さいに時に知って、憧れを抱いていれば、大人になってからも、平気で人を裏切ったり、騙したりするような人には、決してならないと思ったのです。

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう。
2014-05-15 23:27 | カテゴリ:武将から学ぶ
戦国時代においては、優れた軍師を持てるかどうかが大事になってきます。

ということで、NHKオンデマンドで官兵衛をみました。

荒木村重が織田信長に対して謀反をおこす場面で、官兵衛は必死に謀反をやめるよう単独で説得しますが、捕らえられてしまいました。(続きは今週の大河ドラマで)

どうなってしまうでしょうか?

明智光秀の謀反は知っていましたが、荒木村重の謀反は、今日初めて知りました。

荒木村重がドラマの中で、「信長についていっても使い捨てにされるだけ」といって謀反をおこすのです。

部下が上司を裏切る時は、この「使い捨て」というキーワードが隠されていることに気づいたのです。

上司側は全く気づいていないことが多いのではないか?

そんなことを反省しながら、今日も一日がんばっていきましょう
2014-05-14 08:20 | カテゴリ:武将から学ぶ
家康がまだ10代の頃に、最も竹千代(家康)に影響を与えた人で太原雪斎という人物がいました。

今川義元の軍師だった太原雪斎。卓越した交渉力で、周囲の強敵たちと絶妙な関係を築き、今川家最強の時代を作り上げた人物らしいです。

歴史で初めて聴く名前です。どんな仕事(交渉術)だったのか、調べてみます。

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう
2014-05-13 08:01 | カテゴリ:武将から学ぶ
ジャンル:ビジネス テーマ:社長のブログ
徳川家康は自分のチャンスが来るまでひたすら待ち続けています。

待っている期間は何をしていたのか気になりました。

生涯で6万回以上の念仏写経をしているのです。
ひまをみつけては、写経をしていたそうです。

いまでも、五島美術館に収められているそうです。
覇王の哲学としては、ここは見逃せないところだと思ったのです。

6万回続ける!

何かを続けることの大切さを学ぼうと思います。
2014-05-12 08:53 | カテゴリ:武将から学ぶ
ジャンル:ビジネス テーマ:社長のブログ
徳川家康 73才

豊臣秀頼(23才)を切腹させました。

その時の家康の言葉

「ばちがあたるなら、あたるべし」

ここから覇王の哲学と学ぶとしたら、決断力と非情さとなるのかな。
すべての責任は自分にあるとして、私情に流されていないところですか?
恐ろしい人です。

2014-05-11 12:18 | カテゴリ:武将から学ぶ
家康は真田幸村に信濃一国を条件に寝返るように説得します

「名将言行録」より

それに対して、幸村はこのように言ったと伝えられています。

日本の半分をいただけるとしても
私の気持ちは変わりません

この戦は初めから勝つ見込みのないもので
討ち死にを覚悟しております

それゆえこれ以上の誘いは無用
もう二度とおいでになりませんよう


家康も若い時に信玄に対して勝つ見込みのない戦に挑んでいます。

覇者の哲学において「覚悟」は試される時が必ずあるようです。
勝つ見込みのないときこそ・・・・