FC2ブログ
2019-07-26 10:05 | カテゴリ:成功哲学
信念とは、保証を求めて信じることではなく、握っている蔦カズラがリスに食いちぎられるまでのあいだを、毎晩、同じ安らかな気持ちで眠りにつくことができると、自分で自分を信じることなのである
「成功への実践 尾身幸次」より引用

信念というものの考え方が、根底から覆りました。
例えば、高校野球をやっていて、「甲子園に行く」と目標を立てて、目標を誰よりも強く信じることが信念だと思っていました。

今現在、17時までに終わらせないといけない仕事を3つ持っています。
3つの仕事が終わる保証はないです。
それでも、今晩、いつもと同じ安らかな気持ちで眠りにつく自信はあります。

この条件なら、今までは信念は強くないと思っていたけど、結構いけるかも。

それでは今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!



2015-03-25 06:07 | カテゴリ:成功哲学
おはようございます。

スティーブ・ジョブズのインタビューを見て、すごいと思ったことがあります。
「5千のことを一度に考える」と言っていたことです。

部品を一つ変えると他のものに影響するので、頭の中でプロセスを組み替えるそうです。
その能力を半分でも頂きたいと思いました。

それでは今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!

2014-07-21 07:29 | カテゴリ:成功哲学
20年前に何度も読んでいた「成功哲学」をもう一度読み返しています。

いろいろな再発見があって面白いです。

20代の頃はよくわからなくて、読み飛ばしている章もありました。
ーーーーー以下引用ーーー

創造力を十分に発揮できるのは40歳から60歳の間である


2014-07-20 10:11 | カテゴリ:成功哲学
原点に帰って「成功哲学」を読み返しています。
------------以下引用------------
ひらめきやカンの生み出される要素は4つのほかにない。

カンと呼ばれている心のひらめきは、次の要素によってもたらされるのだ。

1 無限の知性
2潜在意識
3他人の頭脳
4他人の潜在意識
------------------
他人の頭脳がひらめきを与えてくれる。
この法則って、すごくイイなと思うのです。



2014-07-13 07:38 | カテゴリ:成功哲学
ナポレオン・ヒルの成功哲学を読み返しています。

起業したばかりの20年前の初心に戻って勉強します。
第4段階に「専門知識」があります。
--------------------引用------------
知識は力なりというとんでもない誤解をしてしまっているのだ。
知識は単なる材料にすぎないのである。
知識が効力を発揮するためには、目標達成のために効果的に組み合わせられなくてはならない。

-----------------------------------



2014-07-11 07:29 | カテゴリ:成功哲学
ナポレオン・ヒルの成功哲学を読み返しています。

自己暗示 第三段階

くり返すこと
感情のこもった力強い言葉でなければならない
2014-07-10 07:21 | カテゴリ:成功哲学
成功哲学 第2段階

信念
信念は限界をブチ破る

願望をくり返しくり返し潜在意識に教え込んでいるうちに信念の人になってくる
2014-07-09 08:16 | カテゴリ:成功哲学
成功哲学の第1段階
「願望」

強烈な願望は必ず実現する

夢→希望→願望→計画