FC2ブログ
2019-07-16 08:00 | カテゴリ:園山征夫 経営語録集
おはようございます
園山征夫「経営語録集」より
~~~~~~~~
自分が預かった会社は絶対に発展させねばならない。
何としても二階に上がりたい。
この熱意が梯子を思いつかせ、階段を作り上げる。
上がらなくてもよいと考える人の頭からは、決して梯子は生まれない。
~~~~~~~~
先週、事業計画プレゼンで10年後、売上10億円以上と言いました。
プレゼン後の質疑で
「なんで10億円なのですか?」と質問を受けました。

根拠はありませんが、今より成長したいからです。
と答えさせていただきました。

絶対二階に!
絶対十階に!
2019-07-15 09:47 | カテゴリ:園山征夫 経営語録集
「園山征夫 経営語録集」より引用~~~~~~~~

マネジメントのポイントは、多様な人材を擁し働きやすい環境と良い人間関係をつくり皆で協力して、一定の成果を上げることである。

好き嫌いで仕事に「排除の論理」を入れる行動は、自分が一番嫌う対極のところに位置する。

~~~~~~~~
好き嫌いが強くなると、排除の論理も強くなる。
その時は、 「排除の論理の排除」と叫ぼう!

経営のプロから出てきた言葉はとても参考になります。
今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう‼
2019-07-08 09:29 | カテゴリ:園山征夫 経営語録集
何か事を成そうと想ったら、正気の中に狂気を放り込む
必要があるようです。

「正気」の中に「狂気」を入れる
「超えなばと狂気(おも)いて来てしこの峠、次なる峰の高きに挑む」
園山征夫「経営語録集」より

創業者って変わり者が多いと常々思っていましたが、きっと、これが必要なんだと思いました。

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!
2019-07-07 09:45 | カテゴリ:園山征夫 経営語録集
おはようございます

7月に入って一週間が経ちました。
7月の繁忙期をどうやって乗り切っていくかが、ここ数年のネット企画の問題点であります。

今年は、意外と簡単に乗り切れるかな?
なんて思っていましたが、一気に大波がきました。

今日も園山征夫「経営語録集」から
「量の処理能力から知恵が湧く」
量の処理能力をとことん追求すると、そこから質が生じることが多い。
問題はその中から仕掛けに潜む知恵をどうくみ取るかだ。

一般的には、量を増やすと質が落ちると考えられていますが、ここでは量から質が生まれる重要性を説いています。仕掛けに潜む知恵をどうくみ取るか?

繁忙期を乗り切るための会議をやってきました。ここからが、実践の場です。
それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!



2019-07-05 11:55 | カテゴリ:園山征夫 経営語録集
今日も「園山征夫」経営語録を読んでいます。

新しい事業を開発することは自社の成長拡大のために不可欠な戦略となります
私も新規事業には昨年から取り組んでいます。
このまま既存事業をレベルアップしていっても、競合の脅威に晒されることは予想できます。

まだ一定期間の時間的メリットはあります。
この期間に既存事業からの利益を一部使いながら、新規事業に投資していこうと決断しました。

補助金 通るかな~
採択まで後2週間ちょっと!
2019-07-04 08:09 | カテゴリ:園山征夫 経営語録集
おはようございます

雨が続いていますが、体調を崩していないでしょうか?
九州の大雨は心配ではありますが、
個人的には猛暑が続くよりは、過ごしやすいと思っているので、今もいいかなと思っています。
工事関係は雨だと大変なので、やっぱり早く止むといいですね。

「園山征夫 経営語録集」より
数字で怠惰を戒める
数字を「管理」のためでなく、「自らの怠惰を戒める牽制」と心得たし

例年7月は一年で一番、仕事の件数が多くなります。

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!



2019-07-03 08:33 | カテゴリ:園山征夫 経営語録集
「園山征夫 経営語録集」を読んでいて感じたこと
<こましゃくれた人間になるな、こましゃくれた人間ばかりになると会社が滅ぶ>
ここで書かれている、こましゃくれた人間というのは、上司に怒られないように間(はざま)ばかりを縫って歩いて、案件の先行きが不透明になりそうだと、スルリと身をかわす輩のことだそうです。

こましゃくれた人間ばかりになると会社が滅ぶ。
これって国も一緒だなと思いました。

「上を見る必要はない。顧客を見て仕事せよ」

それでは、今日も一日無理をせずにがんばっていきましょう!