FC2ブログ
2011-01-31 07:00 | カテゴリ:働く幸せ
ジャンル:ビジネス テーマ:社長のブログ
5~6年前、息子が小学校高学年の時に、野球チームのコーチをしていたことがあります。
コーチといっても大したことできないのですけど・・・・
ノックしたり、一緒に走ったり、子供たちを車で移動させたり。
お父さん達も「何ができるだろうか?」と協力しあって、
「今日は負けたけど、次~したら勝てるんじゃないの?」なんて・・・
楽しかったです。

そのチームの中に、自分の子供が在籍していないのに何年もコーチをしてくれる方がいました。
その方も初めは、自分の子供がきっかけでコーチになったそうですが、子供が卒団してからも、
お世話になったチームのためといってコーチを引き受けてくれていました。
自分にはなかなか真似できないことだなと思いました。

そして、大会になると運営している本部は、みなさんボランティアでした。
子供たちのために、審判をしてくれたり、グランド整備してくれたり、
本当に有難かったです。

いくら自分の好きな野球のためとは言っても、すごいなと歓心しました。
自分はそのとき、働くことをすべてお金に換算してしいましたが、

人が働くことって、お金のためだけではないんだな!

と思ったんですね。
自分はどんなことをすればもっとみんなの役にたてるだろうか?
と考えているとき、結構、気持ちが良いんですね。

お金のため、お金のためとやっているより気分が楽でした。
行き過ぎて、本業そっちのけになってしまった時期もありますが・・・・

経営をしていて支払いばかり考えていると、つい忘れてしまいますが、
働くことが苦しいと思ったときは、働くことの意味について思い出したいひとつです。